プロダクト デザイナーのジャック・デイヴィス氏が考えるユーザーファーストのデザイン

August 21, 2019 Redshift Video

プロダクト デザイナーのジャック・デイヴィス氏は、情熱と、エンドユーザーの製品への関わりの理解のコンビネーションがデザインの成功のカギだと信じている。問題のあるデザインは、製品をどのように使用されるかの真の理解が得られていない、つまり憶測しかしていないことで生まれると氏は話す。このアムステルダム在住のプロダクト デザイナーをビデオで紹介しよう。

[ビデオ字幕]

ジャック・デイヴィス (プロダクト デザイナー): 自らの取り組みに熱意があってこそ成立します。独創的なアイデアに独自の解釈を加えて、新しい何かを生み出すということは」。

私はジャック・デイヴィス、英バーミンガム出身の 23 歳です。ノッティンガムで学びました。工房に強い興味があり、いつも何かを作っていました。独自のプロジェクトや興味のあることを自由に行えたのは、とても貴重で役に立つことでした」。

さまざまなことからインスピレーションを得ています。いろいろな製品をランダムに見ることで、他のプロジェクトのインスピレーションが得られます。デザインに問題がある場合、その多くは製品と人々の関わりを理解しておらず、その製品がどう使われるかを理解せず、憶測だけで検証もせずに作ることが原因だと思います」。

この新しいプロジェクトには、とても興奮しています。ゼロからデスクトップグレードの射出成形機を作ることに。大量のアルミ板の加工作業も必要です。

アイデアを書き留める旧来の方法である製図はあまり好きではなく、[Autodesk] Fusion 360 を 3D スケッチブック代わりに使っています

今後、自分で何かを生み出すことは、より簡単になるでしょう。製造の手法とプロセスを、誰もが理解するようになりました。ものづくりをするには最高の時代です。数多くのツールが無料で利用できるので、製品のデザインなど、どんなことも始められます。自分から情報を求めさえすれば、全てはそこにあります。

Previous Article
Think PMI Is TMI? Here’s Why 3D Models Need Product Manufacturing Information
Think PMI Is TMI? Here’s Why 3D Models Need Product Manufacturing Information

Rather than relying on error-prone human interpretations, product-manufacturing information (PMI) lets syst...

Next Article
A Floating Lab Aims to Promote a Healthy Marine Habitat in the San Francisco Bay
A Floating Lab Aims to Promote a Healthy Marine Habitat in the San Francisco Bay

Researchers launched a floating lab into San Francisco Bay, aiming to cultivate an unconventional home for ...